知ってる人も知らない人も

3Dプリンターの活躍の場は、ますます広がっています。3Dプリンターのことを知ってる人は改めてそのすごさを確認して、あまり知らない人はこの機会に3Dプリンターのことを学んでみてはいかがでしょうか。もしかするとあなたの将来に関わってくるかもしれませんよ。

フィールド広すぎ!3Dプリンターは趣味から仕事まで多用OK!

3Dプリンター

今更人に聞けない!3Dプリンターとは

3Dプリンターとは、普段私たちが使う機会の多い紙のプリンターとは違い、3Dデータをもとに樹脂などの素材で立体的にプリントしてくれるプリンターのことです。例えばリンゴをデータとして取り組めば、3Dプリンターがリンゴのデータを読み取り、そのデータと同じ形のリンゴを造り出してくれる仕組みとなっています。ですからフィギュアや模型造りにも使えるのです。

3Dプリンター

3Dプリンターの活躍の場

3Dプリンターの活躍の場は広く、仕事で使う方や趣味で使う方など様々です。医療模型として人工骨やインプラントなどに使われたり、医療器具として使用されるなど医療の現場でも活躍しています。また、建築模型として取り入れられたり、フィギュアやオーナメントとしても自分のイメージを立体的に再現できるので、需要の場も多くなっています。

3Dプリンター

素材とプリンターの種類

3Dプリンターの素材は、アクリル樹脂や金属、石膏などが主な素材です。また、カラーでも造ることは可能なものもありますし、無毒で環境にやさしい素材のものもあります。これらの素材を積み重ねて造り上げるので、クオリティも高いですしコストも削減できます。また、ペンタイプのものや簡単に使えるもの、家庭用の3Dプリンターまで、色々なプリンターの種類があります。

3Dプリンターの3つのメリット

3Dプリンター

手軽に造れる

自身がイメージしたものに、手軽により正確に再現してくれることが、3Dプリンターの強みです。また、実際に立体として見ることができるので、より精密に凝ったデザインに仕上げることができます。

コスト削減

3Dプリンターを使うことで、コスト削減につながります。また、手軽にできることによって開発時間も短縮できますし、製作の効率化が図れます。

難しい形も再現可能に

人が、難しい形を再現しようとすると時間もコストもかかります。また、難しい形であれば製作技術も必要になってきますが、3Dプリンターを取り入れると今まで人間が再現できなかった形を造り出すこともできます。